リョウシンJV錠 痛散湯

リョウシンJV錠と痛散湯の違いとは?| 神経痛や腰痛に対する効果

 

私は熊本の出身なのですが、地元でも有名な企業と言えば、リバテープや再春館製薬などがあります。リバテープと言えば絆創膏で有名な会社で、再春館製薬というとドモホルンリンクルが有名です。

 

そんなドモホルンリンクルのイメージが強い再春館製薬所ですが、実は腰痛や神経痛を改善してくれるという商品も販売しているのです。それが痛散湯です。

 

腰痛や神経痛を改善する薬と言えばリョウシンJV錠だとイメージされる方も多いのではないでしょうか?
使うならより期待度が高い方を使いたいけれど、痛散湯とリョウシンJV錠ではどちらの方がいいのだろうと思われるかもしれません。もしくは、まずは金銭的に試しやすい方から使ってみたいな、という方もいらっしゃるかと思います。

 

リョウシンJV錠と言えば関節痛への効果を目当てに使用を検討されている方が多いですが、痛散湯には関節痛に対する効果はないため、今回はリョウシンJV錠と痛散湯の共通の効能である「神経痛」と「筋肉痛」に対する効果について見てみることにしましょう。

 

リョウシンJV錠と痛散湯は立っている土俵が違う

リョウシンJV錠 痛散湯

 

効果について分析してみるには、まず配合成分をチェックするのが1番でしょう。
神経痛や腰痛を改善してくれるという効果は、富山常備薬のリョウシンJV錠も再春館製薬の痛散湯も変わりありません。しかし、痛みに対しての作用はそれぞれ異なっているのです。

 

痛散湯は痛みにダイレクトに働きかけてくれますし、リョウシンJV錠は痛みの原因となる疲労回復などを改善するように働きかけてくれます。

 

リョウシンJV錠と痛散湯では、そもそもの土俵が違っているという訳です。人間の世界なら、かつての格闘技大会のPRIDEの様な「異種格闘技」といった形で違う土俵の選手が戦う事はあります。ですから、例えば「相撲よりもボクシングの方が強い」などと結論付ける事も意味出来るでしょう。

 

しかし薬の世界ではそんなことはありえないのです。もし「比較したけれど、〇〇の方が良かった!」などという方がいたとしても、それはただの主観であり、まったく根拠がないものなのです。

 

リョウシンJV錠

ガンマ-オリザノール、ピリドキシン塩酸塩、パントテン酸カルシウム、トコフェロールコハク酸エステルカルシウム、フルスルチアミン塩酸塩、シアノコバラミン

痛散湯

ヨクイニン、マオウ、ボウイキョウニン、カンゾウ、

 

このように、痛みに対するアプローチがまったく違っているリョウシンJV錠と痛散湯ですが、医薬品であるという事は共通しています。しかし痛散湯は他の医薬品と比べて、服用方法が少し変わっているのです。

 

顆粒タイプであれば普通に服用していただければいいのですが、もし煎じ茶タイプを使われるのであれば、服用するのに少し手間がかかることになります。その分顆粒タイプよりも安く手に入れることができますので、あえて煎じ茶タイプを選ばれる方もいるようです。

 

では煎じ茶タイプを服用するには、どうすればいいのでしょうか?

 

痛散湯の煎じ薬タイプの飲み方

600mlの水を入れたやかんに、煎じ茶1袋(1日分)を入れる
沸騰させる
沸騰したら弱火で煎じる
水が半分になれば袋を取り出す
3等分し、朝昼晩にそれぞれ服用する

 

「それだけの事なら楽だね」と思われる方と「うわーめんどくさそう!」と思う方、いずれもいらっしゃるかもしれませんね。お茶を入れる習慣がある方なら、何の抵抗も無く続けられそうですが、そうでは無い場合、これを毎朝続けるとなると、意外と続けるのが難しいものなのです。

 

それは口コミを見ていただくとわかるでしょう。安さに釣られて煎じ茶タイプを選んだものの、多くの方が「面倒くさい」という感想を書き込まれて、続ける事を挫折しています。

 

効果を実感したいなら、まずは続けて使う事が大切

リョウシンJV錠 痛散湯

 

先ほども少し触れました様に、リョウシンJV錠も痛散湯も医薬品ですから、当然効果の現れ方は人によって異なることになります。「痛散湯の方が効果があると聞いて試してみたけど、全然効果がなかった」という人もいれば、「リョウシンJV錠よりも痛散湯の方が格段に効果があった!」という人もいます。

 

本当に自分に合っているものはどちらなのかという事は、実際に試してみないとわからないのです。しかし値段や服用方法は違います。あらかじめ分かっている事ですよね?

 

痛散湯の価格を見てみると、初回の無料お試しはたったの一日分で、それ以降は一ヶ月分で、顆粒タイプが14040円、安いと話した煎じ茶でも12960円もするのです。この出費が毎月続くとなると、気軽に始めることができませんよね。

 

対してリョウシンJV錠は初回の1ヶ月分は定価の半額の1900円(税抜き)で購入することができます。その上続ける際も、定価以外にお得な定期購入も用意されていて、最安値のコースなら毎月2808円で続けられます。痛散湯と比べるとどれだけお手頃な価格なのかという事がわかるのではないでしょうか。

 

次に服用方法も同様で、1日3回服用する痛散湯と、1日1回服用するリョウシンJV錠。どちらの方が長く続けやすいと感じますか?これは聞くまでもありませんよね。もしどちらも、あなたにとって同じ位効果があるなら、服用が楽で安い方が良いに決まっていますよね。

 

初回半額のリョウシンJV錠は公式サイト限定となっています。ぜひ一度おためしくださいね。

 

公式サイト

>>http://ryoushin-jv.com/

 

 

リョウシンJV錠と痛散湯の違いとは?| 神経痛や腰痛に対する効果関連ページ

北国の恵みはリョウシンJV錠よりも痛み改善効果があるの?
コンドロイチンやグルコサミンよりも直接的に軟骨に働きかけてくれる成分を配合しているとして、話題のサプリメントが北国の恵みです。 リョウシンJV錠と比べてどれくらいの効果があるのかが気になりますよね。 その違いについて解説しましょう。
リョウシンJV錠にはの類似品があるの?〜アリナミンEXプラスとの関係〜
もしリョウシンJV錠にジェネリックのような類似品があるのだとしたら、リーズナブルに手に入れることができる方を使いたいと考えますよね。 リョウシンJV錠の類似品として知られているアリナミンEXプラスは、本当にリョウシンJV錠の代わりとして使う事ができるのでしょうか?
コンドロイチンは本当に関節痛に効果ある?リョウシンJV錠との違い
関節痛の改善にはコンドロイチンが効くというイメージが強いですが、それは医学的な根拠があるものなのでしょうか? 関節痛にコンドロイチンやリョウシン JV 錠が与える効果についてお話しています。 ----- リョウシンJV錠,口コミ,効果
関節痛を改善するならグルコサミンなの?リョウシンJV錠なの?
関節痛や神経痛に効果がある成分として有名なグルコサミンですが、リョウシン JV 錠と比べるとどちらの方が効果があるのでしょうか? サプリメントと医薬品の違いについても踏まえながらお話しています。
リョウシンJV錠とヒアルロン酸のサプリで関節痛を改善するのは?
美容だけでなく関節痛ケアのサプリなどにもよく見られるヒアルロン酸。 果たしてどれくらい効果があるものなのでしょうか? 医薬品のリョウシン JV 錠と見劣りしないくらいの効果があるのでしょうか?